専業主婦でもお金を借りられる

専業主婦がお金を借りられないのは、本人に収入がないためです。

 

消費者金融には「総量規制」の制限があり、これによって年収の3分の1を超える貸付は受けられません。しかし専業主婦は収入自体がないので、必然的に消費者金融からはお金が借りられないことになります。

 

総量規制は貸金業者に対する規制なので、金融機関である銀行は総量規制対象外となっています。そのため、銀行系カードローンなら借りられるという声もありますが、こちらは「継続して収入があること」という申し込み条件があります。よって、専業主婦は銀行からお金を借りることもできません。
では、専業主婦がお金を借りる方法はないでしょうか。

 

専業主婦がお金を借りる方法には「消費者金融の配偶者貸付」と「クレジットカードの家族カード」があります。

 

配偶者貸付とは総量規制の例外で、配偶者の年収と合算できる制度です。つまり、本人の収入+配偶者の収入でキャッシング申し込みができるシステムになっており、専業主婦は夫の年収で申込みができます。

 

夫の収入条件で審査を行うため、夫の同意を得る必要はあります。ただし夫が連帯保証人になるわけではなく、あくまで契約者は本人(専業主婦)であり、返済の義務も本人です。

 

家族カードとは、クレジットカードの付帯カードのひとつです。夫が保有しているクレジットカードで妻や子供が使えるカードを発行してもらうことができます。
夫のクレカにキャッシング機能がついていれば家族カードでもキャッシングを利用することができます。ただし、利用額の請求はクレカ契約者本人(夫)になります。

 

いずれにしても個人的な収入がない以上は配偶者の収入に頼るしかお金を借りる方法はありません。そのため、まずは夫に相談をした上で、配偶者貸付を利用するのか家族カードを発行するのかを決めるのがいいでしょう。また、話し合いの結果で他に良い方法があるのなら、そちらの方法でお金を用意するのがおすすめです。