水商売でもお金を借りられる

夜職や水商売でもお金を借りることはできます。一般的な消費者金融のカードローンやキャッシングの場合には、職業そのものというよりも、その人が具体的に働いている事実が確認でき、しかも年収と借り入れの金額のバランスから見て、十分な返済が可能かどうかが申し込み後の審査をパスする上でのポイントです。

 

そのため職業が夜職や水商売だからといって、かならずしも不利になるとは限らず、これらの条件を満たしているようであれば、意外とかんたんに正式な契約に持ち込むことができる場合も多いはずです。

 

もっとも銀行系のカードローンなどを申し込む場合には、消費者金融よりも審査は厳しいことが多く、やはり身分的に安定している公務員などのほうが借り入れはしやすいとされています。そのため最初の段階で条件が少なく借り入れがしやすいところを狙って申し込みをしてみることもたいせつです。

 

こうした職業の人がお金を借りるにあたってネックになるおそれがあるのは、むしろ本人の在籍確認のほうです。通常は申し込みの時点で記入していた職場に対して、消費者金融や銀行などと提携している保証会社のスタッフが電話をかけることによって行われます。

 

そこで在籍確認ができないようであれば、残念ですがお金の借り入れが認められないことがあります。電話では職場に在籍確認をしてほしくない場合、あるいは出勤の時間帯から在籍確認が難しい場合などには、消費者金融でもテレフォンセンターを開設していることが多いので、ここに事前に相談をしておいたほうがよいでしょう。
場合によっては電話以外の手段で確認をする柔軟な対応をしてくれるところもあります。その場合は一般的には働いている会社の健康保険組合が発行した、社会保険の保険証のコピーの提出となります。

 

もしも加入していない場合には、ほかの本人確認手段があるのかどうかをさらにくわしく聞く必要があり、その結果しだいで借り入れが可能かどうかが決まります。