公的なところでお金を借りるには

お金を借りるには銀行や信用金庫などの金融機関、ノンバンクの消費者金融などが主な窓口ですが、市役所や区役所などの身近な行政機関に相談をしてみるという手段もあります。

 

たとえば福祉事務所は都道府県庁とともに市役所、区役所などに設置されています。ここでは高齢者や障害者などの福祉関係に携わるケースワーカーなどが働いており、低所得でお金が足りない場合にも相談に乗っています。

 

究極的には生活保護という制度がありますが、それだけではなく生活福祉資金貸付制度という低利融資の制度もあります。たいていは役所に併設している地域の社会福祉協議会で申し込みができ、要件なども説明してくれるはずです。

 

ほかに国金といわれた国民生活金融公庫、今の日本政策金融公庫の低利融資があります。中小企業の資金繰りなどでよく使われますが、そのほかにも一般個人の世帯でも教育ローンを受けることが可能です。ほかに郵便居が窓口になるゆうちょ銀行の目的別ローンやカードローン、生協の組合員が利用できる労金の同様のローンなども、公的機関でお金を借りたい場合の選択肢のひとつとなります。

 

いずれも消費者金融などと比較すると金利が安く返済期間も長く設定されているところはメリットが大きいといえます。