公務員や会社員向けキャッシング

どうしてもお金が必要なのですが、銀行口座にも財布の中にも、そのようなお金が無い時には「銀行系カードローン」「消費者金融カードローン」「信販系カードローン」といった金融機関から借り入れるという方法があります。

 

公務員のような堅い仕事をされている方で、秘密厳守や、相手方のコンプライアンス意識を重要視されるのであれば「銀行系カードローン」がオススメです。

 

最近では消費者金融でも大手のほとんどが銀行系の傘下に入っているため、銀行本体のようなサービスを受けられることが出来るのですが、金融機関からの借り入れを行った場合は必ず信用機関へ情報が掲載されます。社会的地位や、ステータスを気にされる公務員の方であれば、当然借り入れ先は銀行の方が良いと言えるでしょう。

 

それから一緒に住んでいる配偶者や家族らにバレないように秘密でキャッシングを行いたいのであれば「消費者金融」からの借り入れがオススメです。多くの銀行系カードローンは、出来上がったカードが書留郵便で送付されてきます。

 

会社員の方であれば、仕事中に自宅に郵便が届いてしまうので、直ぐに内緒でカードを申し込んだことがバレてしまいます。しかし、消費者金融系のカードローンであればこのような心配がありません。実際に店舗へ行けば良いからです。

 

その場で審査をしてもらい、その場で契約カードを受け取ることが可能です。勤務先への在籍確認も個人名で行ってくれるため、金融機関への申し込みが発覚してしまうことはありません。もし、内勤が多く、外部からの電話がかかってこないような申込者であれば、担当者に相談してみましょう。ケースバイケースですが、在籍確認の電話ではなく、別の方法での確認でOKにしてくれる場合もあります。

 

先にも申し上げたように、大手消費者金融であれば銀行系の傘下に入っているため、銀行と同じようなサービスを受けられることが出来ます。家族らに内緒で利用したいのであれば、その旨を正直に伝えましょう。細心の注意を払って接してくれますので、安心できます。"