自営業でもお金を借りられる

 

自営業の方や会社から独立しフリーランスという形で働き始める個人事業主の方は、会社員という肩書が無くなった途端に社会的な信用が小さくなってしまいその結果お金を融資して頂く事が困難になります。

 

独立しフリーランスになったり自らが経営者となり法人を起業する時にはお金が必要になるのにも関わらず、お金を融資して頂く事ができないというジレンマに頭を抱えてしまうのですが、実はそうしたジレンマを解消すべく展開されている方法があります。

 

それは、国が個人事業主や中小規模の法人企業をサポートすべく運営している日本政策金融公庫という機関にお世話になりお金を融資して頂くという方法です。
ただし、申込みと手続きを済ませれば全ての方々が融資を受けられるというわけではなく、独立や起業に向けて以前から少しずつ資金を貯めてきた事が認められる計画性のある方に限定されています。

 

つまり、思いつきでお借りしようと考えている方や以前から起業したり独立する予定でいたものの、一切お金を貯めてこなかった方は審査の段階で対象から外されてしまいサポートが受けられません。

 

計画的に貯金をしてきている事が認められ信頼性が高いと判断された場合には無事に融資して頂く事ができるのですが、国の機関という事もあり金利が小さく担保と保証人も不要という恩恵に授かる事ができます。

 

一方、自己資金の少なさなどが影響しサポートを断られてしまった時には他の方法を検討する必要があり、精神面と金利面で負担が小さいのは友人知人や投資家から支援して頂く方法です。

 

特に既に自営業として軌道に乗せられている方やフリーランスとして活躍していて余裕がある方は、資金調達の難しさをよく理解してくれるので相談に乗って頂きやすいです。

 

そういった友人知人や投資家からも支援して頂くのが難しい場合は信用金庫に融資を依頼する事になるのですが、金利が高めである事に注意しさらに借りられるまでに要する時間も長めである事を念頭に置いておきましょう。