外国人でもお金を借りられる

 

日本には研修や留学で訪日して在住している外国人が増加の一途であり、研修は最初から就業する企業が決まっていて、住居や生活環境も整えられているので異国で生活をするのですが問題というのは当面は発生しないでしょうが、留学生では長期間の滞在になると日本でアルバイトのような仕事に従事しなければ生活が困窮してしまうでしょう。

 

そのような場合に日本でアルバイトのような就業実績があれば、外国籍のままでもカードローンやキャッシングの申し込みができて作れるのでしょうか。

 

日本で金融機関からお金を借りるのであれば年齢と住所、それに仕事をしていて収入があるという証明が必要ですが、現在はこの仕事の状態の要件が緩和されていて、非正規雇用やパート・アルバイトでも審査対象になっています。

 

これは雇用形態に関わらず継続的に収入を得ていて、返済能力があると認められれば融資対象者になるというものですが、これに外国籍という要件が加わると話が変わってきます。

 

外国籍の人が日本で長期間在住できる条件には労使協定で仕事に従事する期間が決まっている場合、ビザを取得して長期間の滞在が許可された場合、そして本来は日本に在住することが許されていないのですが特例措置で日本に在住することが許された場合です。

 

これらの人は日本の金融機関では国籍の関係から多くの場合で審査対象から除外されていますが、一部の金融機関や外資系の金融機関であれば審査を行ってくれる可能性があります。

 

このような措置は外国人であるから厳しくなっているのではなく、いずれは自分の生まれた国に戻ってしまって返済が滞ってしまうという危険性を考慮しての措置だと言えるでしょう。

 

そのため外国籍の人でどうしても日本の金融機関でお金を借りたいのであれば就業実績よりも、自分が返済をできなくなった場合に代わりに返済を行ってくれる日本国籍の保証人を付けるというのが有効な方法になります。つまりカードローンやキャッシングを作るのは日本国籍の人であり、その返済者と使用者が違うという状況になるので、これならば日本でもお金を借りられる場所が増加していきます。