バイトやパートでもお金を借りられる

 

お金を借りるには通常、安定した雇用と高い収入が必要と考えられます。そのため、雇用や収入が安定しないアルバイトやパートでは借りることができないと思われている方もいるでしょう。

 

しかし、バイトが主な収入源のフリーターでも借入れをすることは可能です。

 

アルバイトやパートが利用できる金融商品にはキャッシングやカードローンがあります。
キャッシングは消費者金融や信販会社、カードローンは銀行が提供する小口融資です。申し込み条件は「20歳以上で継続的に安定した収入を得ていること」としています。そのため、成人しており、収入を得ているのならフリーターでも問題ありません。

 

いずれも保証人なし・担保なし、身分証明書のみ(場合によっては収入証明書も必要)で契約ができます。利用限度額の範囲で借入れができるので、繰り返し利用することもできます。

 

重要なのは、勤続年数と年収になるでしょう。勤続年数が長いほど継続的な収入が得られると判断されるため、バイトをころころ変えている方は収入が多くても審査が難しい可能性があります。また、バイトでもOKとはいえ、あまりに収入が低い場合は借りることはできないでしょう。

 

契約できても利用限度額は期待できないかもしれません。一般的なケースでは新規利用者の利用限度額は30万円が平均ですが、フリーターの場合は限度額10万円と最低限度額になることもあるので、その辺は考慮しておく必要があります。

 

キャッシングとカードローンでは、キャッシングの方が審査の条件は緩くなっています。銀行カードローンは年収200万円以上ないと審査が厳しいとも言われているため、年収に自信がない方は消費者金融のキャッシングを選ぶのがおすすめです。

 

また、消費者金融にも大手業者と中小業者に分けられます。大手業者の方が安心感があり借入れの利便性も高いですが、中小業者に比べると審査は厳しいので、この辺の見極めも重要になってくるでしょう。